MIIM

ファイナンシャルプランナー1級をとろう!ライププラン科目の勉強方法とは?

ライフプランニングと資金設計の出題傾向

FP1級技能士に合格するためには、学科試験にまず合格する必要があります。学科試験は基礎と応用に分かれていますが、科目別にそれぞれ出題形式の特徴が違いますので、それに合った勉強をすることが必要です。まず、ライフプランニングと資金設計ですが、大きく分けると年金と年金以外の社会保険、そして企業、個人年金・資金調達の3つの分野に分けることができます。年金は応用問題での出題比率が高く、企業年金や資金調達はFP2級レベルより難易度が高いという特徴があります。

社会保険分野の効果的な勉強方法とは

FP1級技能士試験での年金以外の社会保険分野で問われる内容は、ほぼFP技能士2級レベルといっていいでしょう。そのため、過去の問題をしっかり解いておくことと2級技能士の時に弁居下テキストで一通り復習をしておくことが効果的な勉強方法かもしれません。社会保険ははまりすぎると対象となる法律が多いため、膨大な時間をかけて勉強をすることになってしまいがちです。しっかり出題傾向を見極めて、基礎を重視しながら効率的に勉強することが大切です。

公的年金分野と私的年金・資金調達分野の勉強方法

公的年金については、応用問題の出題形式に慣れておくことが必要でしょう。事例に従って計算を実際にやり、その過程を記述する形で問われますので、それに沿った問題演習をしておくことがポイントです。また、私的年金や中小企業等の資金調達はFP2級レベルでカバーされていないものが多く出題されますので、過去の問題のレベルをよく確認した上で、必要な知識を表にまとめるなどして整理して勉強するといいでしょう。知っているかどうかが勝負になりますので、試験直前に見て思い出せる程度に覚えておくといいでしょう。

ファイナンシャルプランナーの講座を受けることで試験の対策なども効率的に出来るので合格を目指したい場合には最適です。

腰の痛みを感じたら!早急に対策を取ることが大事!

誰にでも起こり得る腰痛について

現代社会では、腰痛について悩んでいる人がとても増えています。その理由として、パソコンの普及に伴って、イスに座ったままの時間が長いという傾向があるからです。長時間、同じ姿勢で座り続けていると、腰に大きな負担がかかりますので、痛みを発症することが多々あります。また、車やエレベーターを日常的に使うために、慢性的な運動不足の状態が続いていることも、腰痛の主な原因となっていますから、注意した方がいいですね。

腰の痛みを発症したら

何らかの原因によって、突然、腰に激しい傷みを感じることがあります。そのような時は、患部に湿布をあてて、腰の痛みがやわらぐような姿勢を保ちながら、安静にすることが大切です。また、時間が経っても痛みが緩和されない時は、ただちに整形外科などの医療機関を訪れて治療を受けましょう。なぜなら、ヘルニアや骨粗しょう症のように深刻な疾患が原因のケースが見受けられるからです。深刻な事態を避けるためにも、早めに医療機関を訪れましょう。

腰痛を予防するために

日常生活の過ごし方を気をつけることによって、腰痛の予防を実現することができます。まずは、同じ姿勢を保つことは避けるべきですから、仕事でパソコンの作業を行う時は、意識的に休憩時間を取り入れるようにしましょう。ストレッチ体操は有効ですから、腰を伸ばしたりすることをおすすめします。また、筋肉を鍛えることも重要ですので、一駅分だけ多めに歩いたり、階段を使ったりして運動することはとても効果的ですよね。少しの工夫で、腰痛を予防することができます。

鍼灸を受けることで腰痛や肩こりから神経痛や冷え性など幅広い症状に効果を発揮するので健康を維持したい場合には良いといえます。

ページ:1234567