MIIM

たくさん情報を得る!それが儲けるチャンス

まずはFX会社から得ていく

FXの取引をしていく場合に世界中の情報を得ていくことが大事になってきます。金利面での政策であったり政権が変わったことによるいろいろな影響など、いろいろなことが連動して為替は動いていきます。そういったニュースは取引するFX会社で得ることが出来ます。海外の取引時間である8時台ぐらいから11時ぐらいまでは特に重要なニュースが多いので、すぐに反映される取引会社のニュースは便利ですから必ず利用することが大事ですよ。

他にはどんなものがあるか

他にもいろいろなものから情報は得ることが出来ます。特にブログは無料でFXに関して書いてあるものが多く、取引のポイントまで書き込まれている為になるサイトがたくさんあるんですよ。相場に参加するポイントまでしっかりレクチャーされているものもあって、その通りに相場に参加してもいい成績が残せそうな情報も沢山あります。FX会社の情報とあわせていけばさらに正確性の高いものになるので、初心者であれば特に利用する価値があります。

有料サイトは特に重要です

FXは儲けを確定させるポイントや損切りを行うポイントがよくわからない初心者は有料の情報サイトを使うことも1つの方法ですよ。こういったサイトはお金を取っているので、好成績を残すための努力をしています。そうしないとサイトの閲覧者が減ってしまうからです。まったくわからない初心者はこういったブログなどで示されている通りに取引を進めていけば、損をする確立は減る可能性があります。あくまでも自己責任ですから損をすることも考えて参加することが大事です。

FXの儲け方は、その外国通貨の為替レートの把握が先決です。アップダウンを見極めながら取引することが必勝の秘訣です。

ファイナンシャルプランナー1級をとろう!ライププラン科目の勉強方法とは?

ライフプランニングと資金設計の出題傾向

FP1級技能士に合格するためには、学科試験にまず合格する必要があります。学科試験は基礎と応用に分かれていますが、科目別にそれぞれ出題形式の特徴が違いますので、それに合った勉強をすることが必要です。まず、ライフプランニングと資金設計ですが、大きく分けると年金と年金以外の社会保険、そして企業、個人年金・資金調達の3つの分野に分けることができます。年金は応用問題での出題比率が高く、企業年金や資金調達はFP2級レベルより難易度が高いという特徴があります。

社会保険分野の効果的な勉強方法とは

FP1級技能士試験での年金以外の社会保険分野で問われる内容は、ほぼFP技能士2級レベルといっていいでしょう。そのため、過去の問題をしっかり解いておくことと2級技能士の時に弁居下テキストで一通り復習をしておくことが効果的な勉強方法かもしれません。社会保険ははまりすぎると対象となる法律が多いため、膨大な時間をかけて勉強をすることになってしまいがちです。しっかり出題傾向を見極めて、基礎を重視しながら効率的に勉強することが大切です。

公的年金分野と私的年金・資金調達分野の勉強方法

公的年金については、応用問題の出題形式に慣れておくことが必要でしょう。事例に従って計算を実際にやり、その過程を記述する形で問われますので、それに沿った問題演習をしておくことがポイントです。また、私的年金や中小企業等の資金調達はFP2級レベルでカバーされていないものが多く出題されますので、過去の問題のレベルをよく確認した上で、必要な知識を表にまとめるなどして整理して勉強するといいでしょう。知っているかどうかが勝負になりますので、試験直前に見て思い出せる程度に覚えておくといいでしょう。

ファイナンシャルプランナーの講座を受けることで試験の対策なども効率的に出来るので合格を目指したい場合には最適です。

ページ:1234567