MIIM

日本のFXで信用取引が制限される理由とは!?

リーマン・ショック以前の信用取引は最大500倍!!

元金よりも高い資金で取引できる信用取引を知っていますか?もし知っているなら日本のFXではレバレッジが25倍に制限されていることも知っているはずです。このレバレッジ規制は2010年8月から50倍以下に、2011年8月以降は25倍以下に抑えるというもので、金融庁が主導し成立させた規制です。きっかけとなったのは2008年のリーマン・ショックで、それ以降、安全だと見られた日本円に世界中の資金が流れ込み、急速に円高が進行し、FXトレーダーたちが大損失を被り、その声を受けた金融庁が規制したのです。

高レバレッジ制限のメリットとは?

金融庁がレバレッジ規制を導入する以前には、最大で400倍から500倍というレバレッジも可能なFX業者が存在していました。500倍のレバレッジなら10万円の元金を500倍にした5000万円で取引できることになりますから、すごいですよね。しかし、この規制をすることで2011年8月以降は最大でも25倍までしかレバレッジができなくなりました。海外FX業者の中には100倍から300倍の業者が多くあることを考えると、25倍はいかにも少なく見えてしまいます。しかし、規制以前と比較すると、顧客層が薄く資本や信用力の低いFX業者は淘汰されたことから、利用者にとっては、安心して利用できる環境ができたというメリットがあります。

それでも高レバレッジだというトレーダはどうしてる?

やはり、レバレッジ規制が25倍というのは低すぎ!というトレーダーも多くいます。規制に不満を持つトレーダーたちは海外のFX業者を利用することが多くなっていて、日本に居ながらにして高レバレッジの取引できるのがメリットです。海外FX業者を利用するためには、クレジットカードを使うことが最も便利なんですよ。取引するには海外FX業者で取引口座を開設し、決められた金額を送金します。クレジットカードであれば早期に取引が完了しますが、そうでない場合は銀行口座から海外送金しなければならず、高額な手数料や時間がかかってしまうからなんですね。

信用取引とは、現金や株券を担保とし、手元資金以上の取引をできるようにしたものです。そのため、自己資金が少なくて済むため、通常の株取引に比べ、気軽に始められるメリットがあります。

Comments are closed.