MIIM

実は通信制大学には入試試験が無い!誰でも大卒の資格が取れる可能性がある

通信制大学の多くは書類のみで入学が可能

一般的に、大学を入る時に壁となる事が入試試験ですよね。通信制の大学の多くは、社会人に学び易い環境で学んでもらう事を目的としている物であり、又、教室で学ぶ物理的な人員制限が無いために入試試験を設けていない事が一般的ですよ。ただし、卒業するためには、単位を取る必要性があり、そのための試験はあります。時代によって講義内容も変わってくるため、大学を過去に卒業した人に対しても意義のある内容として最新の学問を学ぶためにもお勧めですよね。

通信制大学は、一般的な大学よりも費用が安い

大学の多くは、一括でお金を納める事が一般的ですよね。通信制大学の多くは、入学金と学びたい単位で納めて行く事が一般的です。社会人であれば、自分の収入に合わせて学んで行く事ができるため、学び易い環境となっていますよ。実際に講師に対して質疑ができないため、費用は、一般的な学生が学ぶよりも単位に対する費用が低い事も挙げられます。高校卒業後の大学生の多くは4年と言う時期に縛られてしまう物ですが、4年以上かけて学ぶ事も恥ずかしく無い物ですよ。

スクリーニングって何

通信制の大学の中にはスクリーニングと呼ばれる、実際に大学に通って年に数回、講義を受ける必要性のある内容もあります。これは、通信大学を行っている大学が、自分の大学内で行う事もあれば、他の大学と提携をして、他の大学での講義を受ければ単位を認めている通信大学もあります。現在は、スクリーニングの無い大学もありますが、必ず確認をする必要性がありますよ。基本的に、通信制大学におけるスクリーニングを行う曜日は、休日にも行われています。たとえ遠距離でありましても、年に数回であるため旅行のついでに受ける事も可能です。

通信制大学は時間や地理の制約が少ないため、社会人が働きながらでもキャリアアップや生涯学習できる教育機関です。

知らなかった!じゃ済まされない。火災保険のあれこれ

自分にとって必要な補償

火災保険を選ぶ際に、保険金額を再調達価格をもとにする方法と時価額をもとにする方法があります。例えば10年前に2500万円で購入した家が全焼した場合、時価額で2000万円、再調達価格で3000万円の補償になるため、補償を十分に受けるためには、再調達価格をもとにする方法を選択する必要があります。また様々な補償がある中で、自分が必要と思う補償をつける事が保険料を安くするポイントになりますよ。例えば高台やマンションの上階に住んでいる場合、浸水の被害はあまりないと思われますね。そういったケースには、火災を補償の対象外にする事で保険料を抑える事が出来ます。

高齢者の方ほど火災保険は必要

「古い家は火災保険の対象にならない」と思っていませんか?特に高齢の方はこのように考えている方が多いそうですね。しかし現在の火災保険は、災害が起きる前の状態に再築出来るように保険金を受け取れるというのが、基本になっているんですよ。万が一自然災害などで高齢者の家が被害にあった場合、新たに住宅を購入する事は一般的に難しい事でありますよね。そうならないためにも特に高齢者の方は、火災保険に加入しておく事が重要になるのですよ。

地震保険にも加入が必要

地震や噴火などの災害には、火災保険では補う事が出来ません。これらは、地震保険に加入する必要があるのですよ。地震保険は、地震によって多くの建物に損害が生じる事で莫大な保険金が発生しますよね。その莫大な保険金に備えて政府がバックアップをしている、最も信頼のある保険であります。大規模な地震対策特別諸置法に基づいて警戒宣言の発令が出された場合、当てはまる地域では地震保険の新規加入は出来ないので注意が必要になります。

住宅を借りたり、建てたりした時に火災保険への加入が進められています。義務ではないので、加入しなくてもよいですが、もらい火であっても火元の方に賠償を請求することはできませんので加入していると安心です。

ページ:12345678